オフィス清掃を行うベストな頻度とは?日常清掃・定期清掃で異なる?

2022.05.23
オフィス清掃の頻度

常に綺麗な状態に維持しておきたいオフィス。

そんなオフィスの清掃はどのくらいの頻度で行うのか、気になる方も多いのではないでしょうか?

本記事ではオフィス清掃を行うベストな頻度について、日常清掃・定期清掃それぞれの頻度をご紹介していきます。

オフィス清掃をスムーズに進めるコツ

オフィス清掃をスムーズに進めるコツをご紹介します。

 

 

整理整頓が行いやすい環境を作る

オフィス清掃をスムーズに進めるには収納グッズを使ったり、収納方法を工夫したりして、整理整頓をしやすい環境を作ることが大切です。

どの場所に何が入っているか・置いているかを分かりやすくするために、ファイル・ボックスにラベルを付けるようにしましょう。

日用品や備品を設置する場所にルールを設けておくことも、整理整頓が行いやすい環境づくりにつながります。

 

 

片付けを習慣化する

「掃除」は大変ですが、「片付け」であればそれほど負担にならないのではないでしょうか?

物を使った後は収納場所にきちんと戻す・並べてあるものはしっかりと並べておくなど、日常的に「片付けを習慣化する」ことも大切です。

日頃から片付けを習慣化させることで、自然とオフィスを綺麗に使うことができるようになり、日常清掃・定期清掃の作業負担を減らすことができるでしょう。

オフィス清掃を行うベストな頻度は?

オフィス清掃を行うベストな頻度

オフィス清掃にはゴミ捨てや簡易的な片付け・清掃を行う「日常清掃」、そして外壁ワックスがけ・エアコン洗浄などの大掛かりな清掃を行う「定期清掃」の2つがあります。

ビル内の1フロアを借りているようなテナントフロアの場合、上記2つのベストなオフィス清掃の頻度としては、「日常清掃は週に1度+定期清掃は年数回」の組み合わせがおすすめです。

従業員は基本デスクワークである場合が多いため、基本的にはオフィスの美観維持のために清掃が行われる傾向にあります。

定期清掃の作業回数としては利用人数や状況によって異なりますが、たとえば「床洗浄ワックス」の清掃サービスを行う場合、上履きを履いている場合は年1~2回、土足である場合は年2~4回程度を目安と思っておきましょう。

定期清掃を行う目的は、日常清掃では取り掛からない清掃範囲を清掃して綺麗にすることにあるため、日常清掃に比べると清掃頻度は少なくなる傾向にあります。

具体的な清掃内容としては、主にワックスがけ・エアコン洗浄・窓ガラスの清掃などが行われます。

大掛かりな清掃内容が中心で、清掃頻度は数ヶ月に1回や年に1回が多いでしょう。

ただし、実際にオフィスの定期清掃を依頼する際には、清掃業者と要相談するようにしてください。

清掃業者にはどれくらいの頻度で依頼すれば良い?

清掃業者にはどれくらいの頻度で依頼

日常的な清掃に関しては従業員間で行うようにし、従業員間で行うには難しい内容の清掃に関しては、清掃業者に依頼するのがおすすめです。

ある程度の清掃を従業員間で行うことで、「オフィスを綺麗に使おう」という意識も高まることでしょう。

またオフィスの規模感・従業員の人数などによって、清掃業者に依頼するベストな頻度は異なるものです。

そのため、やはり最終的には清掃業者と相談しながら、そのオフィスに合った頻度で清掃依頼を出すのが良いでしょう。

おわりに

本記事ではオフィス清掃を行うベストな頻度について、日常清掃・定期清掃それぞれの頻度をご紹介しました。

従業員間ではもちろん、来社された方の目にも留まるオフィスの綺麗さ。

いつでも美観維持できている美しいオフィスであれば、快適に働くことができるうえ、来社された方にも良い印象を与えることができます。

一般的な清掃頻度を押さえておき、清掃業者と相談しながら自社に合ったベストな清掃頻度を依頼するようにしましょう。