清掃業者による清掃作業当日までに行っておくべきこと

2022.03.08

清掃を業者に依頼すれば、手間・時間をかけずとも効率的にその場所を綺麗にしてもらうことができます。

しかし、ただ依頼すればOKというものでもありません。

本記事では、清掃業者による清掃作業当日までに行っておくべきことについてご紹介していきます。

業者に清掃を依頼すると短時間で綺麗になる

清掃業者は「掃除のプロ」であるため、普段手をつけていない場所に溜まったさまざまな汚れや床に付着した頑固な汚れもすべて綺麗に除去してくれます。

場所や規模によって異なりますが、シンプルな清掃内容であれば1時間程度で終了することも珍しくはありません。

もちろん「1年に1度の大掃除を行ってもらいたい」という場合には、1時間以上かかることありますが、そのような場合でもできる限り早く・スムーズに終わらせるよう努めてくれるでしょう。

効率的に清掃作業を進めてもらうことができれば、短時間で掃除を済ませてもらえます。

また依頼内容の中には「オフィスの社員が出社する前に、清掃作業を完了させてもらいたい」という場合もあります。

業務に取り掛かっている社員の近くで清掃作業を行うと、なかなか集中しづらいということがあるため、「出社時間までに終了させてほしい」と希望する方も多いのです。

業者ごとにその対応は異なりますが、基本的には希望の時間帯に清掃作業を行ってもらうことができるでしょう。

効率的に行ってもらえるよう、清掃作業当日までに行っておくこと

清掃業者にビルやオフィスの清掃を依頼する場合、担当の清掃スタッフに丸投げする形でも基本的には問題ありません。

ただ、効率的に清掃を行ってもらえるよう、清掃作業当日までに行っておかなければならないことがあります。

それは、「清掃指定場所をある程度片付けておく」というもの。

オフィスであれば、社員の私物が床にたくさん置かれている・棚の上が物で溢れているなど清掃指定場所にさまざまな物が散らばったままの状態になっていると、清掃スタッフも気を遣いながら掃除を行わなければならず、どうしても作業が進めづらくなってしまいます。

マナーとして、担当の清掃スタッフが入る前にはある程度片付けを行っておくことが大切なのです。

床に置かれている物が無いか・きちんと整理されているかということに加えて、貴重品が放置されていないかも確認しておくと安心でしょう。

清掃スタッフが作業を進めやすいように整理整頓が行われている空間では掃除の作業効率もアップし、清掃時間を短縮させることもできます。

このように整理整頓が行われていると、汚れを隅々まで徹底的に落とすことも可能です。

片付けることで得られるメリット

オフィス内の整理整頓を行うことで、清掃スタッフが掃除しやすいことに加えて、仕事効率にも良い影響を与えてくれます。

整理整頓が行われていないと、その分探し物も多くなってしまい、重要資料を無くしてしまったり、それを探すための時間を要したりなど、業務をスムーズにこなすことができなくなってしまいます。

そのため、整理整頓はこまめに行うようにしましょう。

整理整頓が行われていなかったり、汚れが多く溜まっていたりすると取引を行いたくないと思われてしまう可能性もあります。

しっかりと整理されていれば来客時の際にも、相手に好印象を与えることができます。

整理整頓・掃除が行き届いていれば、面接時に訪問する新卒・中途採用などの求職者にも良い印象を与えることができ、一層「ここで働きたい」という意欲を引き出すことにもつながります。

おわりに

本記事では、清掃業者による清掃作業当日までに行っておくべきことについてご紹介しました。

物が整理整頓されていることで、多くのメリットを得ることができます。

今後、清掃業者への依頼を検討されている方は、ぜひ整理整頓・片付けから始めてみてください。