建物内のフロアの清掃方法と業者への清掃依頼がおすすめの理由

2022.02.25

オフィスなど建物内のフロアにはゴミ・ホコリ・塵といったさまざまな汚れが付着し、蓄積されていくことで取り除くことが難しくなる場合があります。

本記事では、建物内のフロアの清掃方法と業者への清掃依頼がおすすめの理由についてご紹介していきます。

自社で行う建物内のフロアの清掃方法

オフィスのフロアは視界に入りやすいうえ、汚れがあると目立ってしまいやすいという特徴を持っています。

そのため日常的な清掃はもちろん、定期的なメンテナンスといったものも必要です。

自社で行うオフィスの日常的なフロア清掃の方法としては「掃き掃除・拭き掃除」といったものがあります。

掃き掃除では、ほうきやちりとりを用いて大きなゴミ・ホコリなどを取り除いていきます。

次に拭き掃除では、モップを用いてフロアに付着した汚れを取り除いていくのですが、この時、単純にモップで拭き上げれば良いというものではなく、正しい方法でモップを使用しなければなりません。

フロアに付着した汚れは基本的に乾燥した状態では取り除くことができないため、モップに水分を含ませたうえで拭き掃除を行う必要があります。

この水分量が少ないと汚れも落としにくいため、できる限り水分を含ませて掃除を行っていくのが効果的です。

しかし、あまりに水分を含ませすぎると社員がフロアを通る際に滑ってしまう恐れがあるほか、水分が汚れた床に多く残ってしまうと「モップで拭いた跡」が残ってしまう可能性もあるため、ある程度は水分を絞ってから使用するようにしましょう。

ひどい汚れがフロアに付着している場合、まずモップに多くの水分を含ませて拭き掃除を行い、その上から水分を絞ったモップで再度拭き上げるのがおすすめです。

日々のフロア清掃では落とせない汚れもある

自社でフロアの清掃をきちんと行っている場合でも、モップの拭き掃除では落としきることができない汚れもあります。

その場合、洗剤を用いて拭き掃除を行うのがおすすめです。

一口に「洗剤」と言ってもさまざまな種類が販売されており、代表的なものとしては中性洗剤・アルカリ性洗剤といったものが挙げられます。

汚れに対しての効果には違いがあるのですが、洗剤によっては洗剤力が強力で皮膚に触れると炎症してしまうものもあるため、どのような洗剤を用いる際でも「ゴム手袋」を着用する方が安心だと言えます。

しかし洗剤を用いたモップで拭き掃除を行っても、落としきることのできない汚れの種類も存在します。

そのような場合は無理して落とそうとするのではなく、専門の清掃業者に依頼するようにしましょう。

一番は清掃業者にフロア清掃を依頼するのがおすすめ

とくにオフィスでは常に一定の美観を維持し続けることが望ましいとされていますが、自社の社員間でそれを行い続けるというのは、時間も手間も大きくかかってしまうため難しいと言えるでしょう。

「常に美しいオフィス環境を保ちたい、けれど業務に支障は出したくない…」という場合には、清掃業者にオフィス清掃の依頼を出すのがおすすめです。

清掃業者に依頼することでオフィスフロアの日常的な清掃を行ってもらえるほか、日常清掃ではなかなか落とすことができない汚れも定期清掃で落としてもらうことができます。

洗剤を用いた拭き掃除でも落とすことができない汚れに関しては、業者が持つ知識・技術と専用の機材・洗剤を用いて落としていきます。

おわりに

本記事では、建物内のフロアの清掃方法と業者への清掃依頼がおすすめの理由についてご紹介しました。

フロア清掃のポイントとして「モップを使っての拭き掃除」が挙げられましたが、洗剤を用いたモップ清掃でも落としきることができない汚れもあります。

その場合はプロの清掃業者に依頼して日常清掃・定期清掃を行ってもらうようにし、フロアを常に美しい状態に保てるようにしましょう。