【業者によるオフィス清掃】清掃の種類と効果的な清掃の組み合わせ

2022.02.15

清掃業者が行うオフィス清掃の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?

本記事では業者によるオフィス清掃について、清掃の種類と効果的な清掃の組み合わせをご紹介していきます。

業者によるオフィス清掃について

業者によるオフィス清掃ではどのような効果・メリットを得ることができるのでしょうか?

 

 

自社での清掃より綺麗にできる

清掃業者に清掃依頼を出すことで、自社で行う清掃以上に綺麗にすることができるというメリットがあります。

清掃業者は基本的に清掃現場となる現地の調査を行って、清掃を始めます。

経験を積んだ業者スタッフが現地の調査を行うことで、細かな部分にまで気づくことができ、部屋の隅々まで汚れを徹底除去することができます。

また専用機材・洗剤を用いることによって、普通では落としにくい汚れもスムーズに落としていくことができるのです。

 

 

従業員の負担軽減

自社で行うオフィスの清掃はコストこそかかりませんが、その分従業員への負担が大きくかかります。

清掃と一口に言っても、その清掃業務のために「掃除リスト作成」「掃除担当者の割り振り決め」「掃除用具・洗剤購入」などさまざまなことを行わなければなりません。

一方、専門業者に清掃依頼を出すことで、オフィス清掃を従業員間で行う必要がなくなるため、通常の業務に集中することができるようになるでしょう。

【オフィス清掃】清掃の種類について

オフィス清掃の種類についてご紹介します。

 

 

週○○回などこまめに行う「日常清掃」

日常清掃は「日常的に行う清掃」を意味しており、週1~6回のペースで行われることが多いです。

しようと思えば従業員間でも行える簡単な掃除作業が多いです。

従業員には通常の業務に集中してもらうため、清掃業者に依頼するというケースがほとんどです。

 

 

利用状況に応じて毎月数回・年間数回行う「定期清掃」

定期清掃は作業内容・利用状況に合わせて毎月数回・年間数回行われる、メンテナンスのための清掃を意味します。

「美観回復」を目的としており、日常清掃では落とすことができない・難しいとされる共用部分の汚れを落としていきます。

 

 

急に清掃が必要になった場合にスポットで行う「スポット清掃(臨時清掃)」

スポット清掃(臨時清掃)は、急に清掃が必要になったタイミングで単発的に行われる清掃です。

何かのきっかけで一ヶ所が集中的に汚れてしまったり、大きな汚れが付いてしまったりといった場合に依頼されることが多いのがこのスポット清掃(臨時清掃)です。

効果的な清掃の組み合わせは?

効果的な清掃の組み合わせについてご紹介します。

 

 

日常清掃+定期清掃

日常清掃と定期清掃の組み合わせは、大きめのオフィスビルの中で取り入れられていることが多いケースです。

日常清掃を行ってもらうことにより、毎日清潔で快適な仕事環境の中で仕事を行うことができるため、仕事の効率を上げやすいというメリットがあります。

また、定期清掃を取り入れることによって日常清掃では除去できない汚れも落とすことができるようになり、一層オフィスの美しさを維持することができます。

 

 

日常清掃+スポット清掃(臨時清掃)

毎日の簡単な日常清掃に加えて、必要な箇所のみスポット清掃(臨時清掃)を依頼するという方法もおすすめです。

ある程度の落ちやすい汚れを日常清掃で落としておいてもらい、スポット清掃(臨時清掃)で長年放置してこびりついた汚れや、部分的に大きく汚れてしまった部分の汚れを落としてもらうようにします。

おわりに

本記事では業者によるオフィス清掃について、清掃の種類と効果的な清掃の組み合わせをご紹介しました。

日常清掃・定期清掃・スポット清掃(臨時清掃)、それぞれの特徴を踏まえつつ、3つを上手く組み合わせて清掃を行うことで、オフィス全体の美しさを上手く維持し続けていくことができるでしょう。