アパート・マンションの共用部分を清掃する頻度とは?

2022.01.20

アパート・マンションの共用部分はきちんと清掃が行われていますか?

賃貸契約において、この共用部分を適切に清掃し、美しい状態を維持し続けることは重要とされています。

しかし、「アパート・マンションは一体どれくらいの頻度で清掃を行えば良いのか?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、アパート・マンションの共用部分を清掃する頻度についてご紹介していきます。

アパート・マンションの共用部とは何か

さまざまな人が集団で居住するアパート・マンションには、「共用部分」と「専用部分」があります。

「共用部分」は、その建物内に住む人全員が使用できる箇所を指します。

建物の入り口・エレベーター・部屋につながる廊下などのほか、給排水・電気といったものに関わる設備も含まれます。

一方、居住者が個人個人で使用できる専用箇所は「専有部分」にあたります。

ベランダ・バルコニー・庭といった部分は一見専有部分にあたるように思われがちなのですが、建物の外観に影響することがあるため、実は共用部分として分類されます。

また玄関ドアの内側は「専有部分」ではありますが、外側は「共用部分」という扱いになります。

このようなアパート・マンションの共用部分の管理や清掃は、管理会社や大家さんが行わなければなりません。

アパート・マンションの共用部分の清掃は必ず行うべき?

多くの人が利用するアパート・マンションの共用部分は少しでも清掃を怠ると、たとえその期間が短くとも汚れが目立つようになってしまいます。

風の強い日には建物の外から飛んできたゴミが廊下に散らばることがあったり、蜘蛛の巣が張られてしまうことがあったりと、汚れが溜まってしまう原因はさまざまです。

そのまま放置していると入居者の満足度を下げてしまうことがあるでしょう。

転勤や引っ越しの予定がないにも関わらず退去者が複数いるという現象には、この「共用部分の清掃」が関係していることが多いのです。

共用部分をきちんと清掃することで、退去者を増加させないことにもつながるのです。

また入居希望者の内見時、物件の条件は問題なかったとしても、共用部分が汚れていると「やっぱりこの建物はやめておこうかな…」という気持ちに駆られてしまうこともあります。

また、建物の汚れが目立っていると治安も悪化しやすいと言われています。

共用部分を綺麗な状態に維持し続けることは、地域の治安を維持することにもつながるのです。

これらのことから、建物の共用部分の清掃はこまめに行う方が良いとされています。

アパート・マンション共用部分の清掃頻度について

アパート・マンションの共用部分というのは、定期的に清掃を行う必要があります。

拭き掃除・掃き掃除などの簡単な清掃でも、最低1ヶ月に1度は清掃を行うようにしましょう。

ただ、管理しているアパート・マンションの規模により適した清掃頻度は異なるため、建物

に合った回数で清掃を行うのが一番良いと言えます。

建物が大きい場合は清掃にかかる負担・時間も増えてしまいがちなので、それらを軽減するため、清掃業者に清掃依頼をして建物全体を常に美しい状態に保ち続けるということもおすすめです。

清掃業者に「日常清掃」を継続的に行ってもらい、「入居者満足度の向上」「入居希望者の増加」を目指していきましょう。

おわりに

本記事では、アパート・マンションの共用部分の清掃頻度についてご紹介しました。

アパート・マンションの共用部分は、簡単な清掃であっても最低1ヶ月に1度は清掃を行うようにするのがおすすめです。

「自分でアパート・マンション全体の清掃をするのはちょっと…」という大家さんや管理会社の方は、ぜひプロの清掃業者に清掃依頼を出すということも検討してみてください。