マンションの清掃は業者にお任せ?選択肢ごとのメリットをご紹介

2021.11.11

マンション経営を行う中で、マンションの清掃は非常に重要な項目になると言えます。
今回は「マンションの清掃は誰が行うのがいいのか」という内容に関して、選択肢ごとのメリットをご紹介していきます。

【マンションの清掃】オーナーが行うメリット

マンションの清掃をオーナー自身で行うという選択肢もあります。
こちらのメリットとしては、入居者との距離を縮めることができるということが挙げられます。
必然的に入居者と顔を合わせる回数が多くなるため、入居者が普段感じている要望・クレームなどのリアルな思いをその場で聞くことができます。
間に何かを介すことが無いため、「クレームの内容が少し違う」「要望がきちんと伝わっていなかった」というようなトラブルも起きず、迅速に対応することも可能です。
またマンションの老朽化、建物の節々に生じる傷みなどを自身で見て確認することができるのも安心ポイントになるでしょう。
マンションの清掃費を削減できる点もメリットだと言えます。

 

 

注意点はある?

ただマンション経営の他に本業がある方や、マンション経営を副業で行っているという方は、マンション清掃の時間を確保することができない可能性もあるため注意が必要です。

また遠方に住んでいる方や高齢者の方なども、マンション清掃を行うことは困難だと言えるでしょう。

また、定期清掃のような専門知識や特殊な技術が必要な清掃に関してはオーナーが行うのではなく、専門の清掃業者に清掃依頼を出すようにしましょう。

【マンションの清掃】管理会社が行うメリット

マンションの管理会社に更新契約・退出立会点検・家賃集金などを委託している場合は、マンション清掃も委託するという選択肢もあります。

マンション清掃も委託してしまうことで、さまざまな料金の支払いを一つにまとめることができます。

オーナーの負担を軽減させることができるため、メリットは大きいと言えるでしょう。

 

 

注意点はある?

オプションとして別に料金がかかる場合もあるため、清掃を委託する前に管理会社に一度確認しておくと安心です。

【マンションの清掃】清掃業者が行うメリット

専門の清掃業者にマンションの清掃依頼を出すこともおすすめです。

清掃のプロを雇っている業者もあり、そのような業者スタッフであれば清掃知識はもちろん、技術や実績も豊富にあわせもっています。

ぜひプロの清掃業者を選んで、スムーズに清掃を進めてもらいましょう。

また、清掃業者にマンションの清掃を依頼していれば、一斉に行う大掃除の際にも新しく業者を探す必要はありません。

常に日常清掃を依頼している清掃業者であれば、定期清掃を任せるのも安心です。

マンションの家賃集金など、清掃以外の管理に関しては自身で行いたいという方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合には管理会社に委託するのではなく、清掃業者に清掃依頼を出すという方法もあります。

清掃もその他の管理もすべてまとめて委託したいという場合は、管理会社に委託するようにしましょう。

 

 

注意点はある?

オーナー自身で清掃を行う場合と比較すると、清掃費用がかかってしまうという点は注意が必要です。

しかし、その清掃時間を有効的に使うことができるという点を踏まえると、必要な出費だと考えやすいです。

おわりに

今回は「マンションの清掃は誰が行うのがいいのか」という内容に関して、選択肢ごとのメリットをご紹介しました。

マンションの清掃方法としては、オーナー自身で行う方法、管理会社に清掃を委託する方法、専門の清掃業者に清掃を依頼する方法の3つが挙げられました。

清掃業者に依頼して、時間を有効活用しながら安心して清掃作業を行ってみてはいかがでしょうか?